2017年08月

    1:2017/08/13(日) 12:02:21.86 ID:
    http://www.sankei.com/entertainments/news/170813/ent1708130007-n1.html

     過去に自殺や不審死、殺人などの起きた通称・事故物件を渡り住む異色のお笑い芸人、松原タニシ(35)が12日未明、東京・六本木ニコファーレを皮切りに全国怪談ツアー(9月27日まで)をスタート。サンケイスポーツの取材に、最近ついに「住めない事故物件を借りてしまった」と告白した。(サンケイスポーツ)

     先月から借りた千葉市の2階建てアパート1階の1室(1K、家賃2万7000円)で、「薬物の過剰摂取で亡くなった女性の住んでいた部屋なんですが、借りた初日に部屋に入った途端、気絶してしまった」と苦笑。その後も度々気分が悪くなるため、現在は漫画喫茶などで生活。「これまで暮らした他の物件4件でも、夜中にフワフワ白いものが飛んだり、パチパチ拍手を浴びたりとかの現象には遭ったんですが、住めないのは初めて」と困惑気味だ。

     最近はこうした体験をもとにテレビ出演や本の執筆、漫画の企画などのオファーが殺到中。“見えない存在”に助けられている格好だが、実は父の要さん(75)は神戸・真宗寺の僧侶。ひ
    7:2017/08/13(日) 12:04:11.16 ID:
    はるな愛と行った場所部屋か
    クレジットカード審査が甘いカード11枚
    8:2017/08/13(日) 12:04:15.82 ID:
    競売物件に前の住人が残ってたのかと思った
    9:2017/08/13(日) 12:04:16.90 ID:
    こういう物件紹介するサイトなかったっけ?
    【事故物件芸人がついに住めない物件を借りてしまった模様!!!】の続きを読む

    1:2017/08/10(木) 05:04:07.00 ID:
    8/10(木) 5:00

    菊川怜『とくダネ!』卒業!子作りにも前向き「家族の時間を作りたい」

     女優、菊川怜(39)が9月29日でキャスターを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)を卒業することが9日、同局から発表された。2012年7月から5年3カ月で番組を巣立つ菊川は、今年4月に結婚。公私ともに“節目”を迎え、「(番組に)感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。10日の生放送で視聴者に報告する。

     明るく飾らない人柄と東大卒ならではの頭脳明晰なトーク力。メインキャスターの小倉智昭(70)を支え、フジテレビの梅津弥英子アナウンサー(39)とともに3人キャスター体制を支えてきた菊川が「とくダネ!」を去ることが決まった。

     同局によると、菊川は5年3カ月の出演期間を終える9月29日放送回を最後に卒業するという。この日、コメントを発表した菊川は「30代を振り返ると『とくダネ!』が私の基盤にありました。応援していただいた視聴者の皆様、小倉さんをはじめとする番組関係者の皆様に支えていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに心境を吐露した。

     続けて「卒業は寂しくもありますが、一つの区切りとして新たなスタートラインに立つ気持ちで、今後いろんなことにチャレンジしていきたい」とコメント。本業の女優活動のほか、キャスター期間中にやりたくてもできなかったことに挑戦するようだ。

     今年4月には、ITサービス業「クックパッド」の元社長で結婚情報サービス業「みんなのウエディング」の会長を務める実業家で投資家、穐田誉輝(あきた・よしてる)氏(48)と結婚。関係者によると、今回の卒業は同局が菊川の意向を最大限に尊重して決定。別の関係者は、菊川が周囲に「家族の時間を作りたい」と話しており、子作りにも前向きだという。

     10日放送の「とくダネ!」で視聴者に生報告。菊川の発言に注目が集まる。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000502-sanspo-ent
    2:2017/08/10(木) 05:05:28.01 ID:
    子供はやめとけ

    クレジットカード審査の事がよくわかる記事見つけた!
    3:2017/08/10(木) 05:05:40.91 ID:
    どうせすぐ捨てられるのに・・・
    5:2017/08/10(木) 05:08:06.27 ID:
    あんまり好きじゃなかったけど、とくダネで素の菊川怜を見てよい人そうだし、好感度アップしたよ
    おつかれさま
    【菊川怜が特ダネを9月いっぱいで卒業!最近、目が死んでたもんなー】の続きを読む

    このページのトップヘ